2005年03月13日

『螢』、読了。

やたら寒いなーと思いつつ、日向ぼっこしながら麻耶雄嵩の「螢」を読んでいたら、雪降ってきましたよ。寒いはずだ…。

麻耶雄嵩、久々の新刊…喜び勇んで手にとって見たら、出版年月、2004年夏。
…うわぁ私とした事がチェック遅っ!!
…夏頃といえば、BUCK-TICK関連のチェック&ライヴ
で、アタマ一杯いっぱいだったからなぁ…。
そんなことはさておき、肝心の感想。
陸の孤島、ムード満点山奥に建つイワク付き館が舞台。
麻耶雄嵩お得意のレトリック満載☆な感じ、そしてクラッシク調の音楽が聞きたくなるお話でした。

私的評価:★★★★
螢

著者:麻耶雄嵩
出版社:幻冬舎
本体価格:1,600円
posted by REMRED at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻耶 雄嵩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。