2005年04月05日

多和田葉子著『ヒナギクのお茶の場合』読了。

多和田葉子さんの書く文章は、とても女性らしいと思う。
だから感情移入はしにくい。

けれど、流れるような文体は、言葉にする一歩手前の思考そのものみたいで、

「自分」はとりあえずどっかにおいといて、主人公の頭に少しばかり滞在

という感覚を得られる。


ヒナギクのお茶の場合
ヒナギクのお茶の場合
著者:多和田葉子
出版社:新潮社

だから、その時気分しだいで、とても読みにくく感じたりも、する。

例えるなら、波に揺られているとき。

体調しだいで、心地よいときもあれば、船酔い状態になるときもあるような、とか。

…わかりにくい説明ですかね。

posted by REMRED at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。