2005年04月13日

清涼院流水『秘密室ボン』

本文を読み始めると同時にストップウォッチをスタートさせてください。

上記の文章が、この本のはじめに、記載されています。

主人公が密室から脱出するのに与えられた時間は90分。

この本をより楽しむためには、
夜に、
家で、
一人で、
就寝90分前に、
ストップウォッチを用意して、同時進行で読み進めること。
秘密室ボン
秘密室ボン
著者:清涼院流水
出版社:講談社
本体価格:700円


わたくし、就寝前に、携帯のストップウォッチ機能を使用して読んでみました。
なのに途中で経過時間を確認するのを忘れて読んでしまいました…。
あとがきまで読み終えて、所要時間は91分37秒06。

内容は、密室の定義に関する考察、またはホラー、…もしくはギャグ。
面白かったです。

同著者のうち、既読作品。
秘密屋(赤) 秘密屋(白)
秘密屋(赤) 秘密屋(白)

『赤』のほうは都市伝説がモチーフ。
『白』のほうは裏社会…これも或る意味都市伝説っぽいけど。

『赤』のほうが私好みでした。

posted by REMRED at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | その他。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。