2005年05月22日

『石ノ目』読了。

石ノ目 石ノ目

著者:乙一
出版社:集英社
本体価格:857円
むかし『夏と花火と私の死体』を読んだときにも思ったのは『挿絵が好みじゃない…』(同じ挿絵描きさんだと思われます)…です。

以下、各話ごとの一言感想。

『石ノ目』
「わたし」の郷里に伝わる石ノ目の伝説、その姿を見た者は石になると云うが…。
『はじめ』
ほんの小さなうそからはじまる物語。
不安定な少年期の世界は奇跡が起こるに相応しい。
『BLUE』
誠実さを表す色でもある。
まるで童話のような、ピュアなココロのお話。
『平面いぬ。』
泣けました。

以上、4編収録。

乙一氏の物語は、淡々と語られ、穏やかに総てを肯定する。
そんな印象を与えられる短編集です。
【関連する記事】
posted by REMRED at 17:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 乙 一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

株式投資ならここ!
Excerpt: 新興市場3銘柄も本日ストップ高!! ストップ高銘柄連発!ほんとにすごい!一見の価値あり!! アドアーズ、グラフテックに続く銘柄が今日も急騰!! それは一体!!!???
Weblog: 株式投資のWINチャンネル
Tracked: 2006-04-20 22:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。