2005年07月27日

『黒猫の三角』読了。

…登場人物の名前が読みにくいです。
わたくし、登場人物の名前覚えるのがめんどくさいという理由で、海外推理物はあまり読まないんですが、日本語でも読みにくい作品はある。

黒猫の三角 黒猫の三角

著者:森博嗣
出版社:講談社

キャラクタが個性的です。
が、私的には、あまり惹かれるキャラクタがいないのが残念。
トリックは、同じシリーズじゃ二度使えないネタですね。
もっとも、同じようなトリックを何度も使うような作家さんではないだろうが。
兎も角、侮ってはいけなかった。
気を抜いて読んでたら見事にダマされた。
面白かったです、うん。
posted by REMRED at 20:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 森 博嗣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

一押し推理 & 哲学小説!
Excerpt: 今日は熱い推理小説を紹介します。 何がすごいって、この作家マジで頭がいい。 って...
Weblog: PLANet blog.
Tracked: 2005-07-29 02:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。