2005年04月23日

『続巷説百物語』読了。

巷説百物語(続)
巷説百物語(続)
著者:京極夏彦
出版社:角川書店

期待通り。

世の矛盾や欺瞞を、言葉巧みに操り、妖怪変化の類を生み出す又市。
その又市の暗躍を、主人公、百介が見聞きする形式の物話、『巷説百物語』の続編です。
百介の視点で物語が展開していくので、話を重ねるごとに、段々コトのからくりが判明するのが早くなってきます。
各話の事件ごとにキャラクタのバックボーンが少しずつ明らかになり、終には…。

私、京極夏彦氏の作品では「魍魎の匣 」が一番好きです。
魍魎の匣に登場する中善寺明彦が黒ずくめなのに対して、巷説百物語の又市は白ずくめです。
黒ずくめのほうが好みだからってだけでもないんですけど…作中の、魍魎の概念が好みなんです。

posted by REMRED at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 京極夏彦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。